レディ

インバウンドの魅力|知っておきたい情報が満載

会社の売却とは

オフィス

売買方法と売れる資質

事業承継などで会社を売却することがあります。会社売却というのは、会社が実際に販売している商品はもちろんのこと、会社そのものも売却対象になります。そして会社売却の方法としては、「経営権譲渡」、「公開株の過半数取得」、「株式交換に伴う買収合併」など、様々な方式があります。これ以外にも、最後の登記から12年以上経過した営業実態のない会社、いわゆる休眠会社の売買も含まれます。このように、株式や経営権など、会社にとって大切な権利を売却することで成立します。大手などの有名企業の売却はニュースなどでも報じられますが、ニュース以外にも、私たちが知らないところで会社売却は行われているのです。会社を売却する場合、会社の状態も大切です。つまり実際に売れるには、会社の経営状態なども大きく影響してきます。その一例として、安定した事業基盤を持つ会社が挙げられます。多くの顧客や売上などの安定基盤を有していれば、今後もマーケットが維持される可能性が高いと判断されます。またそのような優良企業は参入障壁が高いことから、激しい競争も回避でき、顧客からの収益確保の安定性も見込まれます。売れる会社の条件としては、信頼できるオーナーの存在も必要です。オーナーの信頼度が低いと、たとえ会社の経営が良くても外部はあまり良い印象を持たないでしょう。会社売却による資金回収を考慮しているのであれば、やはり信頼できるオーナーは必須条件と言えます。売却する際は、以上の点の理解が必要です。

Copyright © 2017 インバウンドの魅力|知っておきたい情報が満載 All Rights Reserved.